Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kantankaisha.blog47.fc2.com/tb.php/79-25471df7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ユーザ側の仮説

USBタイプの Verizon wireless cardを使用していたが、出先で受信状態が悪いことがあり、しばらく利用を保留していた。 保留するにはウェブサイトで、デバイスについて使用保留という選択肢を選び、さらに課金を希望するかどうかを選択できる(!)ので、もちろん、課金しない方を選んでいた。

(課金の選択肢があるのは、通常新しいデバイスに切り替えると、デバイスを安くする代わりに 2年契約を結ばされるので、課金されていれば、契約継続できるという理由)

但し書きがついていて、保留は、ユーザが保留をやめると連絡するまで継続されるが、課金は、90日後には再開されるとあった。

そこで、90日目を待たずに、定期的にウェブサイトに行って、課金モードに替わっていないかを確認していた。90日を過ぎても、画面は替わらなかった。だが、11月に入って、念のため、と思って確認しに行くと、90日目からと次の月(すなわち今月)の分が課金されていた。

抗議の電話をかけ、もう、デバイス使用の保留ではなく、キャンセルするので、課金分をすべて返すように訴えたが、キャンセル日から課金周期の最終日までは返金するが、その前の月は返さないという。

ウェブサイトの状況を説明したが、早くキャンセルの電話をすれば、そこから課金は止まったとの返事。

90日目に課金モードに替わった表示がされていれば、そこでもう一度、使用の保留と課金の保留をするつもりで、デバイスはいつか使用する可能性もあった。

けれど、90日目にモードが替わったことを表示せずに(すなわち、ユーザには切り替えさせずに)課金をはじめていた。表示されると仮定した自分が未熟だったか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kantankaisha.blog47.fc2.com/tb.php/79-25471df7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

 IT Niche 36

Author: IT Niche 36
ニッチな IT サービス提供中。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。